スーパーマーケットの薬剤師求人特集

TOP >> 希望条件から選択 >> 調剤併設型のスーパーマーケット薬剤師求人

調剤併設型のスーパーマーケット薬剤師求人

アメリカにはウォルマート・ストアーズのように、大型スーパーマーケットに薬局が併設される店舗が多いですが、日本でもその流れを受けて近年ではドラッグストアではなく、スーパーマーケットに調剤薬局が併設されるようになってきました。ここでは、今後伸びていくと考えられているスーパーマーケット併設薬局の特徴と、その薬局で募集されている薬剤師の仕事内容について、まとめてみたいと思います。

■今後はスーパーマーケットが市民と薬剤師の窓口に
大前提の流れとして、今後はスーパーマーケット併設薬局が主流になっていくと考えられています。今までもスーパーマーケット併設の薬局はありましたが、単に建物や敷地が併設しているだけで、レジは別だったと思います。しかし今後は店舗が業務の効率化を図り、例えばバナナとアレグラを同じかごに入れて1回で清算できるような、ワンストップ型のスタイルを整備していくと考えられています。

その中で薬剤師は調剤を担当したり、1類から3類の薬を売ったり、健康食品やサプリメント、食事の指導をしたりと、利用者の生活全体を守る仕事を任されます。商品の陳列や補充はむしろ登録販売者が行い、薬剤師は薬剤師本来の仕事に集中できるはずです。薬剤師の能力に関係のない雑務に追われてモチベーションを落としている人には、朗報かもしれません。

■正社員のみならず契約社員、パートなどいろいろな形態で募集がある
現状で薬局やドラッグストアの生産性は極めて低いと言われており、今後は生産性の向上が急務となっています。調剤専業という薬局も消え、その代わりに総合スーパーマーケット併設薬局が主流になっていくとも考えられています。そうなると今後薬剤師のニーズは、スーパーマーケットを中心に高まっていくはずです。

正社員のみならず、パートや契約社員などの雇用形態もあり、時給は2,200円など比較的高めに設定されているので、1日6時間で13,200円、週3日で39,600円、1カ月で158,400円と、家計の足しになるとは思います。薬剤師にとってスーパーマーケット併設薬局は、新たな仕事場として魅力的な選択肢になると予想されています。

以上、スーパーマーケットに併設された調剤薬局についてまとめました。今後は生産性の向上のため、大型スーパーマーケットと調剤薬局がどんどん合体していくと考えられています。薬剤師に対する求人もかなり出てくると予想されているので、新しい薬剤師の仕事場の1つとして意識してみるといいかもしれませんね。

スーパーマーケットの薬剤師求人にも強い!転職サイトランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>スーパーマーケットへの転職に強い「薬剤師の求人ランキング」をTOPページで比較!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 スーパーマーケットの薬剤師求人特集 All Rights Reserved.