スーパーマーケットの薬剤師求人特集

TOP >> 大手スーパーの求人事情 >> マルエツの薬剤師年収と求人情報はコチラ

マルエツの薬剤師年収と求人情報はコチラ

2009年の改正薬事法施行に伴って、医薬品販売の規制緩和が行われました。その頃に民間の企業が行った「薬をこれからどこで購入したいか」という質問の回答で、割合として1番多かったのが「最寄りの食品スーパー」という回答でした。この回答から見るに、スーパーというものは、どれだけ全国展開をしていようが、大手で面積が広かろうが、顧客にとっては「近所のスーパー」でしかなく、そこで医薬品を販売するということは、利便性以上のサービスが必要となってくるという考えを汲み取ることができます。

このニーズを受けて、ドラッグストアや調剤薬局に関して新機軸の経営方法を打ち出しているのが関東を基盤としている食品スーパー最大手の企業、株式会社マルエツです。販売登録者を深夜営業や24時間営業を行っている店舗に置くことで、深夜帯での医薬品の販売について利益を伸ばしていこう、という試みを行っています。

マルエツが経営している店舗の「マルエツプチ」や「リンコス」に関しては立地の良い場所に設けられているため、コンビニエンスストアや高級スーパーを意識した店のつくりになっていることが多いです。その中で、ヘルス・ビューティーケアについての商品販売、医薬品についての販売も、客層が薄くても柔軟に対応を行うことでその時間帯の売上を伸ばすことができるという、半ばニッチな戦略も兼ねて上記のような試みを行っているようです。

冒頭のトピックから、現在のドラッグストア市場は非常に揺れています。薬などの商品に専門性を付加した「地域の医療拠点」となるのか、はたまた、1980年頃からドラッグストアが担うようになってきた「健康や美容に関するものが何でも買えるワンストップ・ショッピングの最右翼」となり続け、物販にこだわる経営を行っていくのか。それに伴っておそらく薬剤師の需要も上下することになるでしょう。つまり、薬剤師自身も自分の行いたい業務を明確にして、これから先の仕事を考えていく必要があるでしょう。

現在、総合スーパーで求められている薬剤師の人材は、薬剤の知識はもちろんではありますが、接客スキル・店舗マネジメントの能力が重要視されているようです。もちろんマルエツにおいても、応募の際にキャリアさえあれば、本来ならば平均的な月収からのスタートであるところを好待遇のスタートに切り替えてスタートを行うことができます。交渉力に自信の無い方は、薬剤師の転職サイトを活用しましょう。求人情報を豊富に扱っているのはもちろん、給与の交渉についても自分の代わりに行ってくれるところが多いからです。

マルエツで薬剤師として活躍したいなら、下記求人サイトが便利!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>スーパーマーケットへの転職に強い「薬剤師の求人ランキング」をTOPページで比較!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 スーパーマーケットの薬剤師求人特集 All Rights Reserved.