スーパーマーケットの薬剤師求人特集

TOP >> 大手スーパーの求人事情 >> ライフコーポレーションの薬剤師年収と求人情報はコチラ

ライフコーポレーションの薬剤師年収と求人情報はコチラ

本社を大阪市に置き、本店を東京に置く、総合スーパーマーケットの経営を行っている株式会社ライフコーポレーション。ライフ、というスーパーの名前を聞いたことのない方は少ないのではないでしょうか。それもそのはず、ライフコーポレーションは近畿圏・首都圏という「二大商圏」に、約200店舗を超える展開を行っています。2つの特定の地域に集中して店舗を出店する「ドミナント戦略」が功を奏し、同一商圏内の他社に差をつける形となっています。

地域に密着した商品販売を心がける、昨今の大型総合スーパーにおける一般的なモットーにもなりがちなこのフレーズです。しかしライフコーポレーションでは、経営方針の根本から地域に根ざした店舗作りを心がけているのです。総合的に、地域に利便をもたらすスーパーであり続けるために、現在ライフコーポレーションが力を入れ始めているのが調剤市場分野です。

現在、ドラッグストアが販売の中心として扱っている商品は、OTC(カウンター越しに薬剤師さんと相談して市販薬を購入する、という流れのこと)や化粧品などのヘルス&ビューティーケアにあたるもの。これらの商品を1世帯が年間に消費する額は平均で9万円前後、といわれています。不況の煽りを受けてもこの額であり、そして、この消費は薬局が取り扱うことのできるマーケットでもあるのです。ドラッグストア・調剤薬局をスーパーの店舗内に併設していく、ということは、それだけ経営的にも有利ということになります。

総合スーパー内に薬剤師が常駐する、ということは、薬剤についての知識だけでは経営が成り立ちません。ライフのような大型店舗のスーパーでは、服薬指導・調剤、といった薬剤師ならではの仕事の他にも、売り場の管理や薬を買い求める方との細やかなカウンセリング能力についても高く求められる、ということになります。それだけに、ライフで働く場合には、薬剤師手当も付いていることから給与面でもかなり充実している店舗が多いといえます。調剤に付随した市場の動きは、これからも高い可能性を持ちながら広がって行きます。薬剤師資格を持つ方も、資格保持にとどまることのない知識や技術の研鑽を行っていく必要があるでしょう。需要の高まりから、ライフでの求人も現在は多くなっているようです。薬剤師専門の転職サイトなどが今多くありますので、登録を行い、的確なアドバイスと客観的な現状把握を行いながら仕事への応募を行っていくことが重要です。

ライフコーポレーションの薬剤師求人に有利!サイト人気ランキング

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>スーパーマーケットへの転職に強い「薬剤師の求人ランキング」をTOPページで比較!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 スーパーマーケットの薬剤師求人特集 All Rights Reserved.