スーパーマーケットの薬剤師求人特集

TOP >> 大手スーパーの求人事情 >> イズミヤの薬剤師年収と求人情報はコチラ

イズミヤの薬剤師年収と求人情報はコチラ

大阪に本社を持つイズミヤ株式会社は、近畿地方を中心として関東・中国・九州地方にスーパーの店舗を展開している企業です。第一号店として現在も経営を行っているイズミヤ花園店は、イズミヤ株式会社が創立された1921年から現存している店舗で、総合的なスーパーの中では日本最古の店舗として知られています。歴史と伝統ある店舗を持つ企業ですが、それに奢ることなく新機軸の事業展開を次々と打ち出していることでも注目されている企業のひとつです。

GMS業態というスーパーの経営戦略があります。これは、食品をメインんとして日常生活で必要なものを総合的に扱うという意味の小売業態なのですが、イズミヤでもそうした形態のスーパーであるデイリーカナートの出店に力を入れています。それと同時に既存店や不採算店舗の再生にも注力するなど、バランスの取れた経営戦略で知られています。

そんな中で、他分野である調剤薬局市場についても注目をしているイズミヤでは、スーパー店舗内のドラッグストアに調剤薬局を併設し、医薬品・化粧品などの総合的な商品についての販売戦略を採ることに注目をしています。地域のお客様や患者様の毎日の暮らしに寄り添い、健康的に日々を過ごすということについて貢献をしていくことが、この分野でのイズミヤの役割であり、モットーでもあるのです。

スーパー併設型の薬局店舗で働く、ということは、薬剤師側に取っても自分のスキルにメリットとなることが多々あります。まず、小児科、耳鼻科、などでは年齢層が偏ることから、薬の専門性に関しても偏りが出ることがままあるのですが、スーパー内では老若男女、実に様々な方が薬局を訪れます。病院での会話以上に密なカウンセリングを取る調剤薬局も多いので、院内でドクターが聞くことのできなかった情報が薬局で聞かれる、というケースも多くあり、薬剤師の知識と患者の情報を照らし合わせ、つなぎ合わせて判断を行うという薬剤師本来の仕事能力がここで遺憾なく発揮できる、と言っても過言ではないでしょう。

しかし、やりがいも感じる分、店舗の経営を考えていく、店舗商品の管理を行うという、薬剤師としての職業ではあまり着手していなかったタスクにも手をつけなくてはならないという面もあります。もちろん、そういう面を考慮して、イズミヤでの薬剤師の年収は、一般的な薬剤師の年収と比較をすると好待遇である場合が多いです。自分が薬剤師として何を学びたいのか、どういう面の知識を深めたいのかということを一度、明文化して就職に望むようにしましょう。自分の意思を明確にするという意味でも、薬剤師専用の就職・転職サイトを有効活用するのもよいかもしれませんね。

イズミヤで薬剤師として働こう★人気の求人サイトはココ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
マイナビ薬剤師 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

>>スーパーマーケットへの転職に強い「薬剤師の求人ランキング」をTOPページで比較!


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 スーパーマーケットの薬剤師求人特集 All Rights Reserved.